健康新聞 | 横浜市 戸塚区|オザサ歯科医院

オザサ歯科マガジン 2020年8月15日号 乳幼児の口呼吸

  • 幼児期の口呼吸近年、口呼吸の子どもが増えているといわれています。「吸って、はいて」をくり返す呼吸は、私たちにとってごく自然な生活の一部であるため、多くの人は呼吸のしかたやしくみについて意識することなどないかもしれません。でも、口呼吸には全身の健康にも悪影響を及ぼすさまざまな弊害が潜んでいることをご存知でしょうか。
    とくに乳幼児期から口呼吸が習慣化してしまうと、顔の骨格の発育にも影響してしまいます。

    Read More »

オザサ歯科マガジン 2020年8月1日号 夏の食中毒

  • 夏の食中毒長い梅雨がもうまもなく終わろうとしています。これから30℃を超えるような暑い日が続くと、細菌による食中毒の発生が増加します。
    今私たちは新型コロナウイルス感染症予防のため、徹底した手指消毒を行っていますが、手洗いは食中毒対策にもとても有効です。

    しかし、この夏が今までと大きく違うのは、コンビニやスーパーのお弁当やお惣菜以外にも、飲食店の料理をテイクアウトして自宅で食べるスタイルが増加していること、レジ袋の有料化に伴い毎日の買い物にマイバッグを使用するようになったことです。
    私たちは食品の保存方法の他に、調理器具や買い物に利用するマイバッグの衛生管理にも神経を使わなければなりません。

    今回は夏の食中毒の予防と対策についてご紹介します。

    Read More »

オザサ歯科マガジン 2020年7月15日号 妊娠中のマウスケア

  • 妊婦さん妊娠すると食べ物の好みが変わったり、お肌の調子や髪質など人によってさまざまな体質変化が起こりますが、お口の環境も変化してしまうのはご存知でしょうか?
    妊娠中のお口の病気はご自分の体だけでなく、おなかにいる赤ちゃんにまで影響してしまいます。

    今号では、妊娠中に気をつけていただきたいお口のケアについてご紹介します。
    コロナ禍の妊娠期は不安も多いと思いますが、お口の中を健康に保って大切な時期をお母さんも赤ちゃんも健康に過ごしてください。

    Read More »

オザサ歯科マガジン 2020年7月1日号 ロコモティブシンドローム

  • ロコモティブシンドローム「歩く」「立つ」「座る」など日常の動作には骨、筋肉、関節、椎間板などが複雑に連携しています。
    緊急事態宣言中の長い自粛期間に、身体活動を担っているこれらの「運動器」を積極的に動かす機会が減ってしまい、自粛以前に比べて自身の運動不足や体力低下を心配されている人も多いのではないでしょうか。

    Read More »

オザサ歯科マガジン ’20年6月15日号 歯の治療、中断していませんか?

  • 歯の治療を途中でやめちゃった緊急事態宣言が解除され、私たちの生活も『社会的距離』を保ちながら、徐々に新しいカタチの日常を取り戻し始めています。
    緊急事態宣言を受けて、痛みを伴う緊急以外の治療を一時的に休止していた歯科医院や、感染対策として自身の判断で治療を中断していた方もいらっしゃるでしょう。

    また、コロナ禍以前からさまざまな事情で途中で治療を中断してしまっている、という方もいるかもしれません。

    Read More »